寿司について外国人向けに長文書きます

 

 

SUSHIは日本で昔から長く愛されている食事です

 

 

日本人はほとんどの人が寿司が好きです

 

 

寿司は焼くのではなく、煮るのでもなく、生で食べる、row fish であることが外国ではあり得ないそうです

 

 

生の魚は健康上大丈夫か?と聞かれれば、日本人は昔から食べてきたので大丈夫

 

 

と返答します

 

 

おおらかな外国人ならばそんな健康について聞く人はいないかもしれませんが

 

 

寿司の魅力は日本人から見ると、おいしいこと、と米を食べれること、の2点かと思います

 

 

前者については、生の魚と米は非常に相性が良く調和している、ということです

 

 

それにしょうゆをつけたり、最近はアレンジとしてポン酢や塩、柚子などをかけて食べることもあります

 

 

とにかく味が日本人の舌にとっておいしいです

 

 

付いてくるガリ、も塩っぽくておいしいです

 

 

また後で述べますが、魚の種類も多くて飽きないです。

 

 

食事中に次はどのネタ(魚の種類)にいこうか、と考えることも楽しみの1つです

 

 

魚以外にも卵、肉、野菜なども乗せて食べることがあります。後で述べます

 

 

 

2点目の米が食べれること、はかなり主観的な意見かもしれません

 

 

日本人は主食にパンやパスタではなく、米を食べます

 

 

米が食べれる機会が減っている、供給が減っている、という話ではありません

 

 

常識的、一般的に考えて昼か夜に寿司を食べる訳ですが、そのときに主食は米が食べたいとします

 

 

グローバルな今の日本において、主食の選択肢は他にも山ほどあります

 

 

そこで、主食は米が食べたい、となったときに選択肢として挙がるのが寿司、ということです

 

 

米の主食の料理は他にも多くあります

 

 

ただ、寿司が人気とあって、米が食べたいならば寿司を食べに行こう、ってなります

 

 

あとは寿司が店によっては安く食べれることも選択肢に入る理由の1つかもしれません

 

 

以上が寿司が日本人に好まれる理由の説明です

 

 

最後にネタ(魚の種類)の説明と紹介してこの記事を終えます

 

 

1番最初に大概挙げられるのが、マグロです

 

 

とても人気があって味もおいしいです

 

 

マグロからは赤身だけではなく、トロも取れます

 

 

次に挙げるべきはサーモンでしょう

 

 

鮭の生、ということです

 

 

鮭は特に海外のサーモンを利用しているように感じます

 

 

サーモンの寿司といっても、普通にサーモンがのっている寿司もあれば

 

ネギとマヨネーズものっているサーモンもあれば

 

ポン酢と七味が乗っているサーモンもあります

 

 

あと挙げるならば鯛、と鰻、にしておきましょう

 

 

前者はたい、後者はうなぎ、と読みます

 

 

鯛は、白身の魚で生ではなく、焼いて食べることもある魚です

 

 

味は薄めですが、おいしいです

 

 

それほど人気があるわけではないですが、個人的におすすめで好きなので挙げました

 

 

鯛はそれほどアレンジ寿司はないように思われます

 

 

最後に鰻、です

 

 

味はかなり独特で、魚自体の形も独特です

 

 

海ではとれず、川でとれます

 

 

以前から養殖が盛んだと思います

 

 

鰻は醤油ではなく、専用のタレ、をつけて食べますし、これに関しては食べる前からすでにタレがついています

 

 

味はかなりクセがあるので好き嫌いが分かれやすいです

 

 

ぬめってしていますが、全然大丈夫です

 

 

鰻は生ではなく、1度焼いています

 

 

鰻を食べることができて、味がおいしいと言えるならば、日本人ランク中級者、といったとこです

 

 

長くなりましたが以上で長文を終えます

 

 

また明日以降に長文も書いていきたいです

 

 

快適な寿司ライフを